スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス21

園祭宣言!

・モラトリアムの終焉
 今回は猫騒動の時のようにコメディパートかと思いきや、実は先週以上に物語のターニングポイントでした。(表向きは)イレブンとブリタニア市民が友好を築くアシュフォード学園であるからこそ生まれる、黒の騎士団とブリタニアの人々の接点。ニアミス連続でハラハラしまくり(笑)戦闘シーンが一個もないのに、ヤバイくらいに面白かったですよ。ただ、これでほのぼのとしたシーンとはオサラバでしょうねぇ。

・コーネリアとお兄たま
 ブリタニアの皇族は皆、シスター&ブラザーコンプレックスなのでしょうかwユフィーは昔、ルルーシュのことが好き(大好き)だったみたいだし、コーネリアは超シスコンだし、ルルーシュは言わずもがな。ガチンコすぎるぜ、ブリタニア皇族ッ!
 冗談はさておき。彼らがそんな風になってしまったのは、ブリタニア皇帝のせいなんでしょうねぇ。父親とは滅多に顔を合わせないし、合わせたとしても優しい言葉をかけられる訳でもない。母親たちは自分たちの保身に走る。自ずと子供たちの結束は強くなるし、権力争いに絡んでいなかったであろうマリアンヌは慕われる(し、疎まれる)。シュナイゼルの腹黒さは置いておくとして、コーネリア・ユーフェミア・ルルーシュ・ナナリーのベッタリ感はこの辺りに起因していると見て間違いはないかと。クロヴィス殿下(笑)は不器用だったみたいなので、上手く輪に入り込めなかったようですが。それでも、一番身近に感じていたのはルルーシュのようですし。

・私、イレブンになってもいいです
 なんという恋愛物語。コードギアス内のカップルはロクな目に合っていないし、ずーっとヤバイフラグ立ちっ放しだし、黒の騎士団崩壊に合わせて扇さんもお亡くなりになるかもしれませんね。

・シャーリー
 記憶を亡くしてもゼロ失脚の爆弾を抱え込んでいるシャーリーさん。あぶなーいと思いつつも、「記憶を失っても、この娘はもう一度ルルーシュに恋するんじゃなかろうか」なんて乙女ちっくなことを考えてしまった(苦笑)さすがにもう時間がないのでありえない展開だと思うんですが、個人的には蝶!見たいw

・異性の概念
 お相手はラクシャータさん? 先週の「あ~、気持ち悪い」から考えてみても、それっぽいですね。

・咲世子さん
 おおっと、意外な人がディートハルトとの接点を。いよいよもって、ゼロの正体が明かされる日が近そうです。

・違うんだもう、昔とは
 孤島での接触、そしてナナリーの「ルルーシュの嫁争奪戦(笑)」が素晴らしいスパイスとなって、ユーフェミアとルルーシュの関係が、どうしようもなく切ないものに仕上がっておりました。まさに伏線爆発。ユーフェミアの演説内容がセンセーショナルだったのでそっちに目がいってしまいがちですが、ユフィーとルルーシュの対照的な表情が痛すぎる。これから起こるであろう悲劇も予見させているし、ある意味ではシャーリーの記憶を消去した時よりも切ないし、痛い。
 しかしこれで黒の騎士団瓦解はより現実味を帯びてきました。特区が完成し、日本人として生きていければ黒の騎士団の多くは戦う理由がなくなるわけで。ゼロ信奉者のカレンやディートハルト、官僚ドリーマーの玉城ぐらいしかついてきてくれなさそう。藤堂はちょっと読めないですな。彼はゼロではなく日本のために動いているので、特区を足がかりにして再建を目指すのか、否定して我が道を突き進むのか。彼の性格がそこまで掘り下げられていないので、判断しかねます。
 んでもって、黒の騎士団信奉者たちも、「鬱屈した状態から脱せれば何だっていい」わけで、黒の騎士団はますますヤバイことに。とはいえ、ブリタニアも一枚岩ではなく、学園祭では〝お情け〟でイレブンと平等に接してやっていても、学生たちの何割かは本心では彼らを見下している。むむむ、リヴァイアス並のカオスを予感させる要素が出揃ってきましたよ。
 次週のタイトル「血染めのユフィー」がまた意味深。ユフィー自身の血で汚れるのか、それとも誰かの返り血で穢れるのか。何でもアリのギアス能力に関して予想を立てるのは不毛なのでやりません(笑)

・オレンジ
 キタキタキター! ついに来週・再来週辺りに出陣!でしょうか。どれだけぶっ壊れているのか楽しみ~。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コードギアス反逆のルルーシュSTAGE21「学園祭宣言!」

コードギアス反逆のルルーシュの第21話を見ました。何か延長してたんですか?いつも長めに録画しててよかったと思いました。それとも時間変更だったんですか?フリーページにレビューは書きました。以下、中略しながらの感想とか。第21話 学園祭宣言!『状況は動き出す。個...

コメントの投稿

非公開コメント

殺意めらめら

 ついにユーフェミアにも殺意を抱いてしまいましたね。この兄弟にハッピーエンドは無いってことなのでしょう。

 今回の話で一番意外だったのは咲代子さんが隠密だったということ、そうなるとディートハルトはかなり前からルルーシュ達の正体に気づいていたということですよね。ディートハルト侮れない男です。

 そして復活の兆しを見せたジェレミア卿、果たしてO・Aまでに復活できるのでしょうか?

 王の力はお前を孤独にする……という台詞どおり、ルルーシュはどんどん孤立していくんじゃないかと思います。

 ディートハルトはゼロ失脚フラグかと思いきや、実は彼自身の死亡フラグなのかも。ナナリーを守るためなら何でもしますからねえ、ルルーシュお兄様は(笑)

 オレンジは復活しても、あんまり出番ないかも……ですね。

「概念ならあるよ」

 結婚を申し込んだのは、激レアナイトメアが欲しかったからさ!!



 やっぱりこの人が国家転覆とか考えるわけなかった…

 ヴィレッタさん…そこまで言っちゃって記憶が戻ったら、一体どうするつもりなの!?軍人としての武勲をとるか、女としての幸せをとるか…冷や汗ダラダラです。

 そして、ピザが絡むと途端に可愛げが出てくるC.C。そんなに好きか?

 今回の建国宣言でルルルーシュがダメージを受けるのは、ユフィーがルル=ゼロを知っていても、ゼロの最終目標=ブリタニアの崩壊を知らないからなんですよねぇ…
 「みんな大好き正義の味方」が裏目に出ましたね。悪い事は出来んもんだ。
 ブリタニアの存続は、匿われている立場のルル兄弟にとっては邪魔ですもんね。

 さて、ユフィーが死んだらいよいよ取り返しのつかない泥沼にはまるコードギアス。次回のタイトルの意味が気になります…

 さすがはロイドさんですよねw私はアッシュフォード家が縁談をゴリ押ししていて、ロイドが「まー、いーんじゃない」っていうノリかと思っていたんですが……まさか目的があったなんて(笑)う~ん、ナイスキャラです。

 先週のC2は可愛かったですねー。ピザでマジになりすぎw

 ユフィーはまあ……どう足掻いても絶望しか待っていなさそうですよね。ああ、怖い怖い。
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。