スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろはにほへと 其の二十三

 ろはにほへと、GYAOにて無料放送中デス。毎週金曜日正午に最新エピソード更新。

函館はあかく

・英国
 英国の人たちはこれにて退場なのかな。パークスは序盤から出ていたわりには、小物にも大物にもなれず、何とも中途半端に終わってしまった印象。変態騎士団はまあ、最初から噛ませ犬臭ぷんぷんだったので、妥当な末路かと(笑)
 神無は赦乃丈と母親を通じて何らかの関係があるんじゃないかと思っていたんですが、ただ単に母親と赦乃丈を重ねていただけっぽい。もっと深い関係だと思っていたので、ちょっと拍子抜けでした。「母上様」と赦乃丈に頭を垂れるシーンは女王と母親のダブルミーニングの演出となっていて面白かったです。しかし、赦乃丈は完全には首に操られていないと思ったのに(先週、泣いてたし)、身も心も覇者の首の手先状態に。あー、本当によくわからないなぁ、このヒロインは……

・土方歳三
 榎本のとりついた覇者の首と対峙。秋月に「不穏な気配がする」といったこともあるし、ちょっと霊感が強い人なのかな。神無がアッサリと操られているのに対し、土方は操られる気配なし。それどころか、榎本から覇者の首を追い出そうと来週頑張っちゃうみたい。ただ、土方の目的「武士の生き場所を作る」を達成するためには榎本の力が必要でもあり、覇者の首があるからといって陣営を変えはしないんですよね。この辺りの流れは面白いです。

・蒼鉄
 いよいよラスボスっぽくなってきました。相変わらず、脚本家気取りで降りかかるアクシデントも飄々とやり抜け、なおかつ神無と赦乃丈の接触を劇仕立てにして士気を煽るというトンでもっぷりをみせてくれます。しかも、狙いは世界。この強敵に秋月がどう立ち向かっていくのか、それとも剣を交えることすらなく終わるのか(笑)、楽しみであります。
 余談ですが、この人の末路は「その慢心が~」という土方の台詞が暗示していると思います。策士、策に溺れるってやつですな。

 あやかしあやしは見逃したので、お休み。

スポンサーサイト

テーマ : 幕末機関説 いろはにほへと
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。