スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Death of CAPTAIN AMERICA

deathofcaptitle.jpg

 ミック紹介は一先ずお休み。今週中には再開しますです。

 さて、キャプテンアメリカが凶弾に倒れたことは以前の記事でお伝えしたとおり。皮肉にも敵に操られた恋人の手によって葬られるという悲惨な末路を辿ってしまった彼ですが、マーヴェルユニバースにおける地位は高く、彼の死の余波が各誌に広がっています。

 こちらの画像はCIVIL WAR THE INITTIATIVEなるワンショット(一回こっきりの読みきりみたいなもの)。この中でミズ・マーヴェルが「キャップが生きている」と、スパイダーウーマンに発言。キャップ死亡のコミックと同じ週にこの発言ですから、何とも早い死の撤回だなぁと思っていたら……

deathofcaptitle4.jpg

 NEW AVENGERS誌の最新号では、それがニューアヴェンジャーズ(未登録ヒーローの皆さん)を誘き出す罠だったことが判明。なかなかエグイことをしてくれます。

deathofcaptitle2.jpg

 かといって、その罠の首謀者・アイアンマンが根っからの悪人かといえば、そうでもなく。政府公認のアヴェンジャーズを結成するべく、アヴェンジャーズ候補から新メンバーを選出したりしています(MIGHTY AVENGERS)。キャップが死んで苦悩もしていますしね。彼の頭はヒーローを一つに纏め上げることしか考えていなくて、その前提「登録法は本当に必要だったのか?」という部分には至らないというか、今更引き返せない。そんな泥沼にズブズブと一人で沈んでいっているさまが何ともやるせないです(苦笑)

deathofcaptitle3.jpg

 そしてマーヴェルの暴れん坊・パニッシャーもキャップの死を知ることに。嘘だと呟く様が、ユニバースに住む人々の言葉を代言していると思います(PUNISHER WAR JOURNAL)。パニッシャーがかよと意外に思う方がいるかもしれませんが、彼は何気にキャップを尊敬していて、マーヴェル公式サイトでも「次のキャプテンアメリカ?」的なネタ画像がアップされるくらいなのです。

 ちなみにキャプテンアメリカ誌自体は存続する模様。ウインターソルジャーこと、復活したバッキーがキャップのシールドを携えています。新キャップは、やっぱり彼なのでしょうか。キャップの死の真偽も含め、キャプテンアメリカ誌から目が離せなくなってきましたですよ。あー、ノーマークだったのになぁ。また金が……OTL




私信:こばの適当日記さん
 ヒーローというか、(アメリカの)正義の観念自体が911後の対テロ戦争でグチャグチャになってしまいましたからねぇ。マーヴェルも新しいヒーロー像を打ち出したいのでしょうが、まだまだ形に出来ていないというのが現状だと思います。ユニバースの皆さんは煽りをくらって悲惨ですな^^;

←バッキー復活はCAPTAIN AMERICA誌で
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

キャップとパニッシャー

は、お互いを優秀な“軍人”として、実力を認めあっていましたからね。

パニッシャーとキャップの関係は、ちょっと意外でした。この二人に接点があるとは、まったく思っていなかったので^^;

さすがにパニッシャー=次のキャップはネタだと思うのですが、パニッシャー誌でキャップの誌をどう扱っていくのか楽しみです。

結構前に他のサイトでバッキーの復活を
知ったのですが、いったいどんな経緯で
黄泉がえりしたんでしょうw

なんだか、最近の流れを見てると、
トニーって昔から凄い不器用な生き方
してるなーと思って、見方が変わりました。

バッキーはキャップと同じく、氷漬けになっていたそうですよ。
詳細は相互リンクしていただいている米玩亭さんにあります~

不器用。確かに不器用なんですよねぇ。頭脳派かと思いきや、全然上手く立ち回れていないし。キャップ死亡で変な方向に突き進んでいきそうで、この人からも目が離せませんねぇ。さっそく、イニシアチブ編突入の号を買い忘れていますがOTL
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。