スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天元突破グレンラガン 第一話

前のドリルで天を突け!

・俺を誰だと思ってる
 GAINAX製作で、監督が今石洋之。悪ノリしまくったアニメなんだろうなと思っていたら、意外や意外。いつもはオ○ニーに陥りがちの悪ノリがエンターテイメントしていて、ひっじょうに面白かったです。ハイテンションな演出が気持ちよくて、見終わった後にスカッとしましたですよ。ノリだけではなく、かなり計算高く作ってあるからなんでしょうな。一番見事だと思ったのは、背景の対比

 冒頭ではのっけから宇宙を見せておいて、その次のシーンはいきなり地下。そしてラストは地上と、実に目まぐるしく背景が変化します。ここで特筆すべきは、時間軸が本編→冒頭の数分へと繋がっている点。冒頭の数分に出てくる「俺を誰だと思ってる!」と叫ぶ青年は、第一話を見ているとシモンであるらしきことが分かります。第一に、ラガンはカミナが命名したものである。グレン団もカミナ命名。OPに出てくるグレン団と思しき旗が、冒頭の宇宙船にも登場する。そしてトドメは、口を歪めてにやりと笑う独特の笑い方(しかもシモンと青年の二人とも口をわざわざクローズアップしている)。大抵の人は冒頭の青年とシモンを結びつけたことでしょう。つまり、この物語は地下から地上へ、果ては宇宙にまで飛び出していくのだとストーリーラインを第一話にして明確にしているのです。既にシモンが成り上がるのだと明言されている。これが爽快感と疾走感を助ける要因の一つになっているんじゃないでしょうか。(と言いつつ、冒頭のシーンはただのハッタリで、宇宙には行かないんじゃないかと予想しているんですがw)ノリだけかと思いきや、脚本も結構しっかりしていることが分かりますな(少なくとも、第一話は)。

 各キャラクターの性格・スキルも脚本で上手く機能しています。穴掘りのシモンがラガンの機動キーを掘り当て→ラガンも掘り当て→カミナの脱走・ガンメンの攻撃で崩れ落ちるビルから穴を掘って逃走とガッチリ・ミッチリ、シモンのスキルが発動。おまけにラガンの武器はドリルです。穴掘りです。とことん拘ってます(笑)カミナにしても、手っ取り早くガンメンを倒そうとするヨーコの邪魔を天然でしてしまったり(笑)、シモンのアジテーターになっていたりと、性格が機能していて、やはりノリだけではないなというのが読み取れます。で、ここまで書いていて思ったんですが、冒頭のシモンの口調がやたらとアグレッシブなのはカミナの影響でしょうね。グレンラガンの下半身・グレンにカミナが搭乗するらしく、シモンとカミナの二人は面白いドラマを見せてくれそうです。

・ラガン
 真面目モードはオシマイ。
 ラガンは何だか懐かしい匂いがしますねぇ。グレンと合体して巨大ロボになるみたいだけど、このままでもいいなぁwコミカルな動きがオモロイですわ。表情豊かなのもイイ。

・ヨーコ
 お色気担当wいやー、朝っぱらからようやりますな。ただのお色気要員になってしまわないよう、濃厚なドラマを期待。

 あと心配なのが、ノリがOVAっぽいので、どこまで息が続くのかって点。作画も脚本も、このテンションを続けられるのか、息継ぎを入れていくのか、その辺も見所ですな。というわけで、来週からも感想書いていくと思います~




 こばの適当日記さん、レビューの紹介ありがとうございます!

スポンサーサイト

テーマ : 天元突破グレンラガン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天元突破グレンラガン 1話を見ての感想

とりあえず視聴決定!朝っぱらからこんだけ燃えさせてくれるとは嬉しい限りです。昨日書きたかったけど昨日は忙しかったのでね。→公式以下感想と考察。1話の内容にはほとんど触れていませんが、一応ネタバ

レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第1話「お前のドリルで天を突け!」

品質評価 46 / 萌え評価 18 / 燃え評価 34 / ギャグ評価 16 / シリアス評価 10 / お色気評価 23 / 総合評価 25レビュー数 203 件 第1話「お前のドリルで天を突け!」 遥かな未来。 人々は地中で時折起きる地震と落盤に怯えながら何百年も息を潜めるように暮らしてき...

コメントの投稿

非公開コメント

ぶっ飛ばし過ぎなような・・・・。

 一話からかなりテンション高いですよね。作画も凄まじいですが、後半ダレないか心配です。「最初は凄かったのにね~」などと嘆かせないでほしいですね。

 プロデュサーさん話だとグレンラガンは何回もパワーアップするらしいので、冒頭で出てきた潜函形態がひょっとすると最終形態なのかも。

 パワーアップするんですかwこれはひょっとすると宇宙にまで飛び出すかもしれませんな。作画崩れはちょっと心配ですねぇ。脚本で見せてくれれば多少の崩れは許容範囲内なんですが。どうなることやら(笑)
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。