スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくらのアニメ

 前、このブログで「ぼくらの」という漫画を紹介しました。(紹介記事その一

 その「ぼくらの」がアニメ化することもちらっとお伝えしたのですが、何と来週から放送開始されるそうですよ。鬼頭莫宏作品の初アニメ「なるたる」が個人的に散々な出来&「ぼくらの」をまともに映像化するのはヤバイと思っていたので、まったくチェックしてなかったんですよねwでもまあ、先日のグレンガランが「ノーマークなのに凄く面白かった」ということもありまして、ここはいっちょ公式サイトをチェックしてやろうと思ったわけですよ。

 ……やばいです。

 PV、神ですよ

 独特の骨格と線の細さを持った鬼頭キャラの完全再現。しかも原作の絵とほぼ同じ方向性で、より大衆受けするようにマイナーチェンジされています。そして、淡白な背景を基本とする漫画とは違い、アニメの何と色豊かなことか。劇中であっさりと死にゆく子供たちを浮かび上がらせるような鮮やかな色使いが素敵。原作つきのアニメって大抵、こんなんじゃねーよという酸っぱい気持ちになるのですが、「ぼくらの」に限ってはアニメになってむしろパワーアップしてるくらい。CGで再現されたジアースも重々しくていい感じです。WOWOWにて放送中のREIDEENもそうなんですが、CGは重さを表現するのにもってこいのツールですね(まぁ、REIDEENは……ですがw)。
 んでもって、このPVをピリっと引き締めているのがseesawのヴォーカル・石川智晶の歌うOPテーマ「アンインストール」。歌の素晴らしさもさることながら、「ぼくらの存在はこんなにも単純だと笑いに来たんだ」「細い体のどこに力を入れて立てばいい」「恐れを知らない戦士のように振舞うしかない」と、「ぼくらの」読者がにやりとしてしまいそうな歌詞も織り込まれております。「ぼくらの」のために書き下ろされたのかどうかは知りませんが、原作の雰囲気とマッチしているんじゃないでしょうか。原作をお持ちの方はPVを読みながら第二巻辺りを読んでみると、いいですよ。また違った味わいがw

 で、PVは神クラスなんですが、本編がどうなるかは未だに不安でもあります。原作が六巻しか出ていないので、オチがどうなるのか心配なのですよ。アニメならではのラストを用意しているようですが、変に原作ファンを意識して失敗しやしないかと今から不安。ハガレンくらいアニメと原作を乖離させても私的には問題ないので、思い切りよくやって欲しいところです。

 余談ですが、キャストのインタビューが個人的にツボりました。人を選ぶ鬼頭作品らしく、キャストによってかなりコメントに温度差がw宇白カナ役の阿澄佳奈さんがやたらと気合入ってると思うのは私だけではありますまい(笑)他の皆さんは淡白にこなしているのにw

 さて、アニメの話はこれくらいにして。「ぼくらの」の紹介記事を見て万が一にも興味を抱いてしまった方のために、鬼頭莫宏作品の読み進め方を簡単に書きます。
 「鬼頭莫宏?」という初心者の方は、殻都市の夢をおススメ。彼特有のリリカルで残酷な世界観・少女趣味が読みやすい形で体験できます。一冊で完結していますし、入手難易度も低いので、入門編として持ってこい。この単行本を抵抗感なく読めた方には「ぼくらの」一~四巻を続けて読んでいただきたいです。(現在、ぼくらのをネット書店で購入するのは難しそうです。六巻以外、楽天もアマゾンもセブン&Yも在庫切れでした。お近くの書店で探してみてください)

 勝っても負けても、死

 こんなバトルロワイヤルですらない、残酷で意地の悪い、しかし切ない物語を楽しめたなら、五巻・六巻と買い進めても問題ないと思います。逆に拒絶反応を起こすようなら、買わない方がいいです。この人の漫画はまったく、大衆向けじゃありませんので(苦笑)

 ぼくらのを制覇してしまった物好きなあなたには、なるたる一~五巻を。五巻に収録されている「今、あなたのためにできること」に感動してしまった人は、そこで買うのをやめた方がいいです。ええ、全力で忠告します
 エログロに耐性のある人・精神的に余裕のある人のみ六巻をお買い求めください。六巻をぺろりと読めてしまった人にもう何も言うことはありません。最終巻まで購入し、思う存分、なるたるを味わってくださいませ。

 というわけで、脅しているのか薦めているのか分かりにくい記事ではありましたが、長くなってしまったので、この辺でお開き。ではでは。




 悠久なる雪月花さん、コトブキヤ 柚原このみ フリルチューブ トップverレビューです。
 レビューの紹介ありがとうございます!

 天羅ブログさん、 HELLSING(ヘルシング)DVD3巻初回限定版付属「アンデルセンレリーフ」レビューです。
 レビューの紹介ありがとうございます!

 ゲーザ10歳SSさん、レビューの紹介ありがとうございます!

←ぼくらの主題歌
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。