スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろはにほへと 其の二十六

 ろはにほへと、GYAOにて無料放送中デス。毎週金曜日正午に最新エピソード更新。

海の向こうへ

・最終回
 いろはにほへとも、遂に最終回です。ネット配信のアニメを見るようになったきっかけがこの作品なので、ちょっとばかり感慨深いです。第一話・第二話、そして仇討ち芝居が幕を下ろすまで本当の楽しませてもらいました。ただ、もう一本の月涙刀が出る前後、つまり仇討ち芝居の直後から脚本が明らかに迷走していたのは残念な限りです。
 結局、最終回では回収し切れていない伏線を残したままという、事態になってしまったわけですし。太夫が勝海舟に送った手紙の内容はとか、もう一本の月涙刀って何だったのとか、蒼鉄の正体って何だったのかとか。先週に引き続き、単品で見ればいい出来なのだけれど、それまでの積み重ねがないに等しいのでクエスチョンマークを拭いきれないという……(苦笑)

 ただ、演出センスというか格好いい画面作りに関しては文句なしです。最終回も舞台の上で決着がつくってのが、何ともいろはにらしい。本当は赦乃丈一座に機能して欲しかったんですが……いろはにはサブキャラクターを掘り下げるのが苦手なので如何ともしがたかったのかなぁ。ちゃんとした脚本陣がいれば、もっといいものに仕上がっていたってのが目に見えているので残念です。

・蒼鉄
 秋月に斬られるまでは格好良かったw斬られてからの言い訳は不必要かなと個人的には思いました。辻褄あわせ程度のニュアンスにしか取れないんですよねぇ。伏線の積み重ねがないから(笑)龍馬との絡みも最終回まで伏せる意味がわかんないですし。二人のやり取りは雰囲気があっていんですけどw
 しかし、あのヘンテコな刀は何なんだろう。これのおかげで殺陣が一風変わったものになって面白かったですわ。最終回らしい迫力のある戦闘シーンで、ここに関しては拍手。全ては胡蝶の夢~の演出もよかった。ホント、演出は見せてくれるんですよねぇ。

・赦乃丈
 第一話の赦乃丈さんを帰してくれorz
 もう、それだけです(苦笑)まあ、太夫が生きていたからいいんですが(ぇ

・秋月
 ここまで喋らない主人公も、そうそういないんじゃないでしょうか。ってくらい、喋らなかった。喋るとむしろ格好悪くなるのも、また変わってた。喋らないでひたすら英雄的な行動を取るという、一芸で突っ走り、見事に走りきってくれました。秋月のドラマの終着点が「龍馬の代わりに新しい大地を見に行く」ってのもイイ。
 実はキャラクターの掘り下げはあまり行われていないんですが、むしろそれが芸の領域にまで突入していたので、突っ込むだけ野暮。楽しませてくれました。

 というわけで半年続いた、いろはにほへと感想もこれにて幕なり。来週から日曜日の更新はグレンラガンとなりますので、よろしくお願いします(今週のグレンラガン感想は明日更新)。

スポンサーサイト

テーマ : 幕末機関説 いろはにほへと
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:幕末機関説 いろはにほへと/第二十六話 「海の向うへ」

品質評価 38 / 萌え評価 16 / 燃え評価 5 / ギャグ評価 13 / シリアス評価 44 / お色気評価 8 / 総合評価 24レビュー数 36 件 魔城五稜郭内部に突入した耀次郎。だが、そこに待ち受けていたのは守霊鬼と化した旧幕府軍の兵士たちの群れと、今や「覇者の首」の守り刀?...

コメントの投稿

非公開コメント

海の向こうへ

始めまして。
いつもアメコミの僅かな砦として楽しみに観させていただいてますw。
僕も「いろは」1話から観てきました。
概ね満足ですが浮遊城になったり
回転しながら突入したり後半で掟を破っちゃった感がありますよね。
でも久しぶりに毎週楽しみなアニメでした。

初めまして。いつも見ていただいてありがとうございます~。アメコミオンリーではないので心苦しいところではありますが、これからもマイペースにやっていきますのでよろしくです。

五稜郭は確かにはっちゃけすぎですよねwでも、あれがなければ「胡蝶の夢か」もなかったのかもと考えると、アレはアレでありかもしれません(笑)時代劇アニメもいけるんだと認識を改めさせてくれた作品でした。
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。