スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MARVEL SUPER HERO ISLAND ADVENTURES

marvelsuperheroisland.jpg

Fear it self!

 ニバーサルスタジオ(アメリカ)にて七年前にゲットしたユニバーサルスタジオ限定のアメコミです。ユニバーサルスタジオに設置されたマーベルキャラクターのアトラクションを元に、三つのショートストーリーが収められたコミック。内わけは、ファンタスティック4・インクレディブルハルク・スパイダーマンの三組。まずはファンタスティック4から、ご紹介。
marvelsuperheroisland2.jpg

 ドゥームボットを従え、ご機嫌で街で暴れまわるドクター・ドゥーム。その手には新兵器が! 人間の恐怖をエネルギーに変換する超兵器だ
 街の人間を捕らえ、恐怖エナジーを集めようとするドゥームの野望を打ち砕くのは、ファンタスティック4。

ついに貴様らをこの手で葬る日が来た! この天才の前にひれ伏すがいい!

 勇ましく吠えるドクター・ドゥームだったが、インビジブルガールとミスターストレッチの連係プレーで、あっさりと新兵器を破壊されてしまう。残ったドゥームボットでFF4を迎え撃つも、今度はシングとヒューマントーチの二人に撃退されるのだった。
 ドゥームボットを葬ったヒューマントーチはドクター・ドゥームを燃やし尽くす。長きに渡る戦いに終止符が打たれたかと思われたが……

marvelsuperheroisland3.jpg

 今まで戦っていたのは、ドゥームが用意した身代わりのロボットだった。

実験の結果は上々だ。見ているがいい、ファンタスティック4。まもなく世界は私の兵器の凄まじさを目にすることだろう!

 高らかに勝利宣言をするドクター・ドゥーム。ミスターファンタスティックは人々の恐怖を集めるために、ドゥームが大規模な施設を用意したと考える。

marvelsuperheroisland4.jpg

 それは、ユニバーサルスタジオの新アトラクション「FEAR FALL」だった!
 アトラクションのスイッチを入れながら、ドクター・ドゥームが吠える。

私の恐怖統治が今日、始まったのだ!

 the end?




Monster among us!

20061129231958.jpg

 ルクと戦う、緑色の巨人ビッグ・ハンズ。ハルクと酷似した肉体を持つ彼は、圧倒的なパワーでハルクを追い詰めていく。

20061129232015.jpg

 時は遡り……ハルクこと、ブルース・バナー博士は軍の施設でガンマ線ジェネレーターの研究を行っていた。施設を視察に来た将軍から結果を出せと求められるブルース。ブルースはジェネレーターはまだ完成していないと将軍の要求を突っぱねるが、怒った将軍はジェネレーターの制御装置を力任せに叩いてしまう。
 その瞬間、ガンマ線ジェネレーターが暴走。ガンマ線が、将軍や彼の部下に降り注ぐ。ブルースを超人ハルクへと変貌させたガンマ線は、彼らにも例外なく同様の変化をもたらした。人間の肉体を失い、緑色のモンスターへと変貌しつつある三人を、ブルースは高速移動艇でガンマ線を中和する施設へと運び込むのだが……

20061129232030.jpg

 将軍がビッグ・ハンズへと変貌。ブルースは間に合わなかったのだ。ブルースのアドレナリンが急激に増加し、彼は超人ハルクへと変身する。
 時は戻り……ハルクを羽交い絞めにしたビッグ・ハンズは声高に吠える。
ビッグ・ハンズ「俺は今や、貴様と同じ存在になったのだ、哀れな怪物! 唯一つを除いてな……貴様は今、ここで死ぬのだ!」
 その一言が、ハルクの怒りに火をつける。感情の昂ぶりと共にパワーを増すハルクはビッグ・ハンズの手から逃れ、ビッグ・ハンズをガンマ線中和装置へと殴り飛ばした。
ハルク「お前はハルクのようになってはならない、ビッグ・ハンズ……誰も、ハルクのようにはなってはならないんだ!

20061129232045.jpg

 ガンマ線レベルが下がり、救助隊が施設へとやって来る。将軍ら三人はブルースのおかげで肉体の変貌を食い止められたが、ビッグ・ハンズとなった将軍だけは変身していた間の記憶を失っていた。

 施設から遠く離れた砂漠で、ブルースは目覚めを迎える。三人を装置に押し込めた後、ハルクは研究所を飛び出し、この砂漠で変身が解けたのだった。こんな風に目覚めることは、ブルースにとってはいつものことだった。だがこれは、彼の悪夢のほんの一欠けらに過ぎない。
 ……ハルクが己のうちから消え、真の目覚めがやってくることはあるのだろうか。どうしようもない恐怖を抱えながら、ブルースは砂漠へと一人消えていく……




SHOCKED BY DOC OCK!



 ブゴブリン、スクリーム、エレクトロ、ハイドロマンらシニスターシンジケイトは銀行に押し入って、四億ドルもの大金を強奪。逃走する彼らを、スパイダーマンことピーター・パーカーが追跡する。
 だが、ホブゴブリンがパンプキンボムで銀行の看板を爆破、野次馬や銀行の客でごった返す銀行前へと落下する。スパイダーマンが看板に気を取られた隙に、シニスターシンジケイトはまんまと逃げおおせるのだった。
 その一連の様子を、デイリービューグルの新米記者クリス・ピーターソンが目撃していた。ピーター・パーカーでなくともスパイディの写真は撮れるんだと息巻く彼は、スパイダーマンの姿が、随分イメージと違うことに気づくのだった。というのも、彼はスパイダーマンに一方的な敵意を抱くデイリー・ビューグルのジェイムソンの社説を読んで育ったからだ。だが、スパイダーマンはクリスの目の前で、自らの危険を顧みずに看板を受け止め、盲目の老人を救った。

20070505204540.jpg

 スパイダーマンの写真をデイリー・ビューグル社に持ち帰るクリスだが、待ち受けていたのはジェイムソンの怒号だった。彼が求めるのは、スパイダーマンの活躍ではないのだ。シニスターシンジケイトとスパイダーマンが組んで銀行強盗を演じたのだと鼻息を荒くするジェイムソンのオフィスに、ピーターが自前の写真を持って現れる。だが、クリスの写真があるからお前のはいらんと、ジェイムソンは無下に跳ねつけるのだった。
 ジェイムソンはシニスターシンジケイトが研究所を襲い、フュージョンジェネレーターを盗んだこと、パワーテック社が関連していることを告げ、クリスにより詳細な調査を命令するのだった。一方、ピーター=スパイダーマンはフュージョンジェネレーターを使って何をするつもなのか、スパイダーマンとして調査しなければならないと決意する。

20070505204610.jpg

 ジャーナリストとして数々の取材方法をクリスは学んでいたが、最も好んだのはダイレクトアプローチ……彼の担当教官が言うところの不法侵入であった。
 パワーテック社に侵入した目論見どおり、シンジケイトの一員であるドクター・オクトパスを発見する。
 フュージョンジェネレーターを入手したドック・オクはパワーテックは用済みとして、施設内で暴れまわっていた。
 そこにスパイダーマンが颯爽と現れ、ドック・オクの両目をスパイダーウェブで塞ぐのだった。その弾みにドック・オクの銃が暴発、クリスの足場が揺らいでしまう。そんなクリスを救ったのはスパイダーマンだった。だが、スパイダーマンが蹴り飛ばした銃が付近の装置を直撃。クリスを守るために、スパイダーマンは落下してくる装置を受け止めた。その隙に、ドック・オクはフュージョンジェネレーターの一部を持って逃走。またもやシニスターシンジケイトを取り逃がす。

20070505204631.jpg

 満身創痍のスパイダーマンを気遣うクリスだが、スパイダーマンはすぐさまドック・オクの追跡に移る。彼らの悪事を止めるために。
 そんな彼の姿にクリスは感銘を受け、彼こそ真のヒーローだと認識を改めるのであった。

the end for now!

スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。