スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルボーイ コミック版アクションフィギュア 2006コミコン限定ヘルボーイwithジャパニーズヘッド

hellboyhitouban8.jpg

 ートゥーン版のヘルボーイが製作されるなど、海外ではまだまだ熱いヘルボーイ。日本でこそヒットしませんでしたが、映画の続編の企画も持ち上がっております(持ち上がっているだけ……しかも、かなり前に)。これまでヘルボーイのフィギュアはMEZCOが手がけてきたのですが、今年からはジェントルジャイアント社(以下、GG)も手がけるようで。MEZCOから新作発表もないし、もしやと思って、とりあえず原作版のフィギュアをゲットしました。コートありが欲しかったので、コミコン限定のヘルボーイ。
hellboyhitouban.jpg

 肥大化した上半身と下半身のコントラストが面白いです。コートの材質は良好。全然、安っぽくないです。造形もよく出来ているのですが、コミック版と若干イメージが違うような気も。ただ、影をバリバリ使いまくるミニョーラの絵をここまで見事に立体化したことには拍手です。いい仕事してますよw

hellboyhitouban3.jpg

 愛銃・サマリタンはホルスターに収められます。ちょっとキツキツ。

hellboyhitouban5.jpg

 大砲としか形容のしようのない銃口が素敵です。

hellboyhitouban4.jpg

 魔除けの蹄鉄が付属。マ、マニアックすぎる(笑)原作読まないと、何が何だか分かりませんね。

hellboyhitouban7.jpg
hellboyhitouban12.jpg
hellboyhitouban10.jpg
hellboyhitouban6.jpg

 ストレスなく動かすことが出来ます。コートのせいで、若干、腕の可動範囲が殺されることくらいでしょうか。プロポーションを崩さずにここまでの可動範囲を実現しているのは、凄いとしか言いようがないです。足首が稼動しませんが、この巨体で足首を稼動させると安定性が削がれる可能性があるし、尻尾で十分にバランスを取れるので、特に問題はないかと。どっしりと重みがあり、存在感があり、いいフィギュアです。

hellboyhitouban9.jpg
hellboyhitouban11.jpg
hellboyhitouban2.jpg

 とはいえ、アクションさせるよりも、落ち着いたポーズの方がしっくりハマルかも。

hellboyhitouban13.jpg

 オマケというか、メイン?のジャパニーズヘッド。
hellboyhitouban14.jpg

 無駄に出来がいいです。部屋に飾ってると、ちょっと不気味(笑)クリアパーツの棒に刺してディスプレイすることになります。
 ホントはもう一個あって、計六個です。撮影時は紛失してましたorzさすがに首を飾るのは気持ち悪いので、しまってたんですよね……スミマセン。

hellboyhitouban15.jpg

 とはいえ、五個で十分な気もします(笑)

hellboyhitouban16.jpg
hellboyhitouban17.jpg

 殴るのが楽しいw

hellboyhitouban18.jpg

 コミコン限定ヘルボーイでした。ちょいと値は張りましたが、購入して正解だったかなーと思います。存在感がたまりません。

ヘルボーイ コミック版 アクションフィギュア/2006コミコン限定/ヘルボーイ & ジャパニーズ ヘッド(ギルド)

スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。