スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Marvel Comics iphone/ipadアプリ

marvelapp1

 Marvel Comicsのiphone公式アプリを今回は紹介。iphoneとipadで、無料でダウンロードが可能。iphone、ipad共有アプリとなっており、両デバイスで購入したコミックを読める。尚、利用にはMarvel.comでの会員登録が必要となるので、予めPCで登録を済ませておかなければならない。

 My comics:購入したコミックは全てこちらで閲覧出来る。コミックの保存容量は設定で自由に変更が可能。また、コミックを削除しても、購入履歴が残るため、無料でダウンロード出来る。この辺りは通常のappと変わらない。もちろん、iphoneで購入したコミックをipadでダウンロードすることも可能だ。


marvelapp2

 Featured:その名の通り、フィーチャーされたコミックや新規追加されたコミックをチェックする画面。コミックの検索にはBrowseメニューを使用する。
 コミックは一律230円(ページ数によっては値段が増減する)。リーフレットでは恒例の広告は挿入されない。紙質や印刷に左右されないため、カラーリングを存分に楽しめるのも特徴の一つだ。また、ある程度の拡大に耐えうるよう解像度も高い。
 更新は月に約十回(主に水曜更新の模様)ほどで、現行シリーズよりは過去作品の追加が目立つ。偏りこそあるものの、更新ペースは決して遅くないので過去シリーズを手にしたい場合は最も手軽な手段と言えるかもしれない。また、毎週月曜日には一部のコミックが115円にディスカウントされる。
 尚、購入にはクレジットカードのアカウントは必ずしも必要ではない。itunesカードでも購入可

 Free:無料コミック。一話まるまる読めてしまう。そのせいか、年代もシリーズもバラバラ。更新頻度も掴みにくい。とはいえ、一度ダウンロードすれば読み放題なので、小まめにチェックするのが吉。

 Top25:シリーズ、クリエイター、ジャンル別のトップ25。

 Browse:コミックの検索に加え、新刊追加情報もこちらでチェック出来る。

marvelapp4marvelapp5

 ページ全体を表示させることも出来るが、iphone版では基本的に一コマずつ読み進めていくことになる。初期設定ではコマがアニメーションのようにスライドし、コマのサイズによって画面がスクロールする。動的な仕掛けで最初は面白いのだが、処理がやや重い。快適に読み進めるためには、viewing optionでこれらの機能をオフにした方が良いだろう。
 肝心の読み心地は、iphone版ではそれなり。あくまでも読めるといった程度だ。やはり一コマずつ見ていくのが煩わしい。
 このアプリが真価を発揮するのはipad版である。通常のリーフ感覚で読めるし、iphoneのように一コマずつ読むことも出来る。何よりipadの画面によく映える。かなり快適で、電子版が充実すればリーフレットが不要だと思えるほど
 PCでiphoneで購入したコミックを閲覧することも可能のよう→marvel.com(グーグルクローム)用

 尚、サーバーの問題なのか、ウチの無線LANの問題なのか、ダウンロードには若干の時間を要する。また、iphone版ではやや動作が重く、アプリが落ちてしまうことも。なるべく他のアプリを終了させてから起動した方が良い。

 ※記事、一部追記しました。

邦訳アメコミガイド バットマン:ラバーズ&マッドメン JOKER マッドラブ/ハーレイ&アイビー


バットマン:ラバーズ&マッドメンバットマン:ラバーズ&マッドメン
(2011/03/23)
マイケル・グリーン(作)、デニス・コーワン、ジョン・フロイド(画) 他

商品詳細を見る


 の作品で描かれるのは、ジョーカーのオリジン。ジョーカーがまだ、ジョーカーでなかった時代の話だ。バットマンは既に活動しているが、他の作品で見られるような頭脳のキレも強さも持ち合わせてはいない。というのも、これはまだバットマンが活動を始めたばかりの頃の話でもあるからだ。
 人間的な弱さを押し殺す術をまだ持っていなかった、一人のクライムファイターだった頃の話。その弱さ故に、バットマンは間接的(或いは、直接と言ってもいいかもしれない)にジョーカーを誕生させることとなる。振りまかれるジョーカーの狂気が、結果的にバットマンの成長を促すのは皮肉としか言いようがない。

 話自体がバットマンとジョーカーのオリジンということもあり、余分な登場人物は一切登場しない。後にヴィランとなるキャラクターが登場するも、知っていれば面白い程度で、ストーリーには大きく関わらない。
 アメコミを読む際にある程度必要な基礎知識が不要であり、かつ、バットマンとジョーカーの二重のストーリーラインが混乱することなく纏め上げられているので、初心者にも優しい作りとなっている。
 癖があるものの、アートも高レベル。
 ★★★★


ジョーカー (バットマン)ジョーカー (バットマン)
(2011/03/23)
ブライアン・アザレロ(作)、リー・ベルメホ(画) 他

商品詳細を見る


 同日に発売されたこちらの作品では、ジョーカーの手下の視点で彼の狂気が描かれていく。狂人としか言いようがない今作のジョーカーはユーモアがなく、ジョークも殆ど飛ばさない。まさに狂気の塊といった人物造形は、映画ダークナイトのジョーカーと重なる部分がある。
 ストーリーはジョーカーが出所してから動き出すので、ダークナイトの続編といった読み方も出来るかもしれない。ただし、バットマンが登場するのはラストになってからで、彼ら二人の対立構造は全く見られない。あくまでもジョーカーを描くことを目的としている。それ故、物語的な盛り上がりや面白さは薄い。ラバーズ&マッドメンが同日に発売されているだけに、余計にストーリーラインの貧弱さが目立つ。
 一方、アートは非常にいい仕事をしている。写実的な絵柄で描かれるジョーカーの恐ろしいこと。ハーレイクインが妙にセクシーだったり、やや狂人じみたバットマンなど、独特の解釈で描かれるキャラクターも面白い。
 そういった点で、美麗なアートを楽しみたい・ジョーカーの狂気を味わいたいといった人にはおススメである。
 ★★★


バットマン:マッドラブ/ハーレイ&アイビー (ShoPro Books)バットマン:マッドラブ/ハーレイ&アイビー (ShoPro Books)
(2011/03/01)
ポール・ディニ

商品詳細を見る


 こちらは、過去に発売されていた「バットマン マッドラブ」と「バットマン ハーレイ&アイビー」を合本したもの。どちらも現在は絶版となっており、中古品も高価なので、嬉しい復刊。
 本作の魅力は何といっても、ブルース・ティムの見事なアートだ。たった一コマでここまで動きを見せられるアーティストを初めて見た。動きの始点と終点が目に浮かぶのだ。日本の漫画のような効果線もないのに。デフォルメされたハーレイとアイビーが振りまく色気にも驚かさた。カートゥーンなのに、ちゃんとした女性に見えるなんて。

 ストーリーももちろん、素晴らしい。お気楽で可愛らしいハーレイ&アイビーに対し、マッドラブはやや苦みのある内容で、互いに良いアクセントになっている。柔らかい訳も、このコミックにはピッタリだ。
 ★★★★★

二月、折り返し地点。


ユニコーンの日(上) 機動戦士ガンダムUC(1) (角川文庫)
ユニコーンの日(下) 機動戦士ガンダムUC(2) (角川文庫)
赤い彗星 機動戦士ガンダムUC(3) (角川文庫)
パラオ攻略戦 機動戦士ガンダムUC(4) (角川文庫)

 ターンAガンダムのノベライズである、『月に繭 地には果実』を手掛けた福井晴敏による、オリジナルガンダムシリーズ。執拗なまでに描写を積み重ね、世界を語って構築していく手腕は少しも衰えていない。ただ、設定用語が頻出し、ベースとなるべき世界観を語るのに腐心する1~2巻はお世辞にも読みやすいとは言えない。自然描写から世界を構築していく方が、この人には合っている気がする。
 反面、世界設定を語り終え、物語が加速していく続刊は圧巻。心理描写を巧みに配置し、台詞一つ一つに意味を持たせている。200ページ弱というボリュームも、筆者の文章を考えれば適量だろう。
 ファーストの引力から脱し切れていないように思えるのが、唯一の欠点。

リルケ詩集 (岩波文庫)リルケ詩集 (岩波文庫)
(2010/02/17)
リルケ

商品詳細を見る


 ユニコーンの日(上)の冒頭に引用された詩の幻想的な美しさに惹かれ、購入。
 訳が古いため、すんなり読めるとは言い難い。幻想的であるが故、理解できない詩もある。そこには宗教的な背景の違いもあるだろう。だけど時折、ふっと言葉が立ち昇る瞬間があって、するりと胸に落ちて美しく響く。音楽のように。いずれまた、じっくり向き合いたいと思わせてくれる一冊だった。

みずうみ 他四篇 (岩波文庫)みずうみ 他四篇 (岩波文庫)
(1979/11/16)
シュトルム

商品詳細を見る


 儚くおぼろげで不確かな青春という季節を掬い取り、絵画的でもあり誌的でもある風景を生み出している。そこには過ぎ去りし日への郷愁が滲んでいて、物悲しく、同時にどうしようもなく美しい。
 訳は古めかしいが、素朴な味わいがあり、小説に実によく合っている。同じドイツの作家だからか、リルケと通じる匂いがあった。

タゴール 死生の詩タゴール 死生の詩
(2002/12)
ラビンドラナート タゴール

商品詳細を見る


 昨今出版されたタゴールものに比べて訳が、やや硬い。タゴールの美しい詩を男性の感性で読み解くのは難しいかなという気がしないでもない。装丁も地味。ただ、詩の注釈やタゴールの軌跡など文学的なアプローチは素晴らしい。詩そのものを堪能しつつ、その詩が生まれたバックボーンへと思いを馳せることが出来る。そういった意味で、有意義な一冊ではあると思う。

メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット (角川文庫)メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット (角川文庫)
(2010/03/25)
伊藤 計劃

商品詳細を見る


 文章にやや難がある。一人称視点で語られるのにも関わらず、様々なキャラクターの心象が語られていく。虐殺器官で卓越した文章力を発揮した著者にしては、初歩的なミスに思える。台本の書き割りのように進んでいくのも気になった。けれども、迸る物語を読み進めていく内に、そんな不満は消えていく。行間から滲み出るのは紛れもなく伊藤計劃という作家であり、同時にメタルギアという物語でもある。ノベライズでありながら、作家の一作品としても成立しているのだ。語ること、語られていくこと――そんな著者の祈りが織り込められた傑作。
 それだけに、文芸作品として見た場合の文章の不味さが惜しい。

Fate/Zero(2) 英霊参集 (星海社文庫)Fate/Zero(2) 英霊参集 (星海社文庫)
(2011/02/10)
虚淵 玄、武内 崇 他

商品詳細を見る


 面白い。謀略が交差し、先が見えない。物語を加速させる手腕はお見事。ただ、重厚に語られる部分とラノベ的な描写が噛み合っておらず、不協和音を奏でている面も。ラノベに偏見はないし、エンターテイメントとしての価値も認めているけれど、文章に対する感覚の鋭敏さというのはまだまだだなと思う。野村美月のようにラノベ的な文章を重ねて重ねて感動を紡ぎだす作家もいるけれど。
 キャラ小説という枠を取り払った一般フィールドでの著作が見てみたい。

 ※当記事はtwitterでの発言を再編集したもので、備忘録的な意味合いしか持たないので、あしからず。

スーパーロボット大戦L


スーパーロボット大戦L 特典 「スーパーロボット大戦L」オリジナルマルチケース付きスーパーロボット大戦L 特典 「スーパーロボット大戦L」オリジナルマルチケース付き
(2010/11/25)
Nintendo DS

商品詳細を見る


 かなかの良作だった。スーパーロボット大戦L。NEOの出来も悪くはなかったが、久々にまともなシナリオのスパロボだった。Wほどではないにせよ、各作品間のクロスオーバーが面白い。ボルテスとマクロス勢の絡み、ラインバレル・エヴァ・主人公の学生絡みなどなど、あたかも一つの作品かと錯覚するほどテンポの良い会話が進められていく。これぞまさにスパロボ。つぎはぎ感の否めなかったZやKのシナリオに辟易した人には朗報と言えるだろう。

 各キャラクターの行動や性格が修正されているのも本作の見どころ。個人的には空気にしか見えなかったマクロスFのアルトはちゃんと主人公らしい言動を取っているし、SEEDDESTINYのキラの不可解な行動も筋が通るように変更が加えられている。

 一方で気になったのは一部の参戦作品と敵勢力の少なさ。機体性能はともかく、コンバトラーの影の薄さと来たら。ボルテスと絡むわけでもなく、「何故いる?」状態に。戦闘アニメが格好いいだけに不憫である。
 敵対勢力はラインバレルとマクロスがメイン。そこにイクサー系、擬態獣、MS、ダンクーガ系、ガイキング系のキャラクターがちょこちょこと混ざってくる。シナリオの整合性を取るために敢えて超電磁系やマジンガー系の敵を削ったのは分かるが、物寂しい感は否めなかった。(ちなみにマジンガーは歴戦の勇者的なポジションで存在感大)

 システムは強化パーツを廃止するという思い切った措置が取られた。その代わりに導入されたのがパートナーユニットのボーナス効果である。これが旧来の強化パーツの役割を果たしている。各機体ごとにバラエティ豊かな効果が揃っており、思わぬユニットが強力なボーナス効果を持っているのが面白い。強い機体ばかりじゃなくて、サポートユニットも使って欲しい、ということである。
 かつてのスパロボが持っていた一騎当千的な要素はタイトルを重ねるごとに薄れているが、今作は「そこそこ無双できる」という点ではいい落としどころだと思う。ただ一騎当千的なスパロボをプレイしたい人は正直、もうこのタイトルから離れるしかないのだろうなという感想も抱いた。小隊システムが導入されてから、「多くのロボットを使う」というプレイスタイルに変化していて、今後もそれは変わることはないだろう。

死の秘宝part1


ハリー・ポッターと死の秘宝 上下巻set (携帯版) (ハリー・ポッターシリーズ)ハリー・ポッターと死の秘宝 上下巻set (携帯版) (ハリー・ポッターシリーズ)
(2010/12/01)
J.K.ローリング

商品詳細を見る


 リーポッター最終章開幕。何だかんだでシリーズ一作目からの付き合いなので、見てきた。原作は読了済み。原作を読んだのは発売当初だったので物語の細かいところはすっかり忘れていた。覚えているのは、「暗い」「長い」の二点のみ。サブキャラクターやサブドラマを展開しすぎたせいで、ハリーポッターは巻を重ねるごとに冗長になっていくという傾向があった。
 映画は当然原作をベースに制作されるわけだから、原作のボリュームが一挙に増えた炎のゴブレット以降、ダイジェスト版を見せられているような気分になった。制作体制が変わったというのもあるだろうが、あの分厚い原作を二時間半に収めるのはかなり困難な仕事だったと思う。

 最終章の今作では二部作という形を取ることで、尺的にはかなり余裕が。これがいい方向に働いた。相変わらず原作未読者にはハードルが高く、前シリーズまでの展開を踏まえていることが前提だが、ゴブレット以降ではベストな出来だ。ダイジェスト感も大分薄れた。(もっとも、原作からしてあちらこちらに話が飛ばなかったという点もあるが)
 前作までの出来にうんざりしている人でも楽しめるはず。
 ただ、今作では原作同様ホグワーツが登場しないので、明るく楽しい魔法世界を求める人は止めた方が吉。ひたすら暗い。決戦はpart2からなので、爽快感も薄い。part1はレンタルで済ませ、part2を劇場でというのも大いにアリだと思う。

 個人的な見どころはエマ・ワトソン。実に美しく成長している。女性としての脂がたっぷり乗っていて、ハリー・ロンの二人を完全に食っていた。しかし、女優業にはあまり関心がないよう。勿体ない。
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。